会社情報 お問い合せ
































≪前(おすすめ用途) ▽システムの構成を説明しています▽ (入力できる事)次≫
  操作器とパソコン画面: 手に馴染む操作器を握り、ディスプレイに手引き画面を表示します。

  1.操作器
次項へ↓


デザインスケッチ
EB191H‐W 操作器諸元表
形状・重量 W50×H124×D31 約70g(ケーブル除く)
筐体・表面仕上げ ABS製、上面:オフホワイト、下面:シボ付ブラック
操作部 エストラマー製、操作荷重約1.5N
ケーブル 約2m

操作器概要
片手で持って使います。把持した時、親指・小指の自然な指先位置に操作部があり、軽い荷重で動作します。
フィット感良好で操作は指先の小さい動作だけです。運動量が少ないのが快適で
長時間使用して疲れません。

表面操作部を親指で、側面操作部を小指で、独立に同時に操作します。これ以外の操作はありません。
左右対象でどちらの手でも使えます。
                                >>操作方法説明
          

操作部は硬質ゴム製で爪が当り難い形状です。
爪があってキーボードを使い難い時でも使えます。
      

背面は把持しやすい滑り止め形状をしています。  
 

操作中は画面だけを注視するので、操作器をどこに持っていても構いません。
立ったまま、寝たまま、片手に物を持ちながら、など自由な操作姿勢で使えます。
      



  2.パソコン画面
page top

付属の専用ソフトによって画面に「手引き画面」を常時表示させます。
操作器とリアルタイムに連動して表示が変化し、操作状況と次に選ぶ操作選択肢が一目瞭然です。

                                 >>操作方法説明     >>手引画面各種

視線移動が小さい
キーボード操作では、キーボード盤面とディスプレイ
画面との間を頻繁に視線移動しています。
本機では、画面上の入力場所近傍にある手引表示を見るため、
視線移動量が最小で済み、快適です。  


手引き画面の配置
「手引き画面」はディスプレイ上の一定エリアを占有して常時表示させます。配置場所は自由です。
全画面表示などで、邪魔な場合には一時的に消去する操作もできます。

「タスクバー」上に配置すると、他のアプリケーション用画面へ支障するのを最小限に抑えることもできます。
(図はXGA画面でタスクバーを3段にした配置例)





≪前(おすすめ用途) △システムの構成を説明しています△ (入力できる事)次≫