会社情報 お問い合せ















































































≪HOME ▽操作の方法・原理と製品体系を紹介しています▽ (おすすめ用途)次≫
  操作方法と製品概要: 本機は、画面を見ながら親指で高速に操作する入力システムです。

  1.基本操作方法
page top↑ 次項へ↓

  
    手引画面            操作器
  【操作環境】
パソコンに接続した操作器をディスプレイの手引画面を見ながら操作すると、
その表示がリアルタイムに変化し、簡単なルールで文字が入力されます。
手引画面は付属の専用ソフトでディスプレイ上に常時表示させておきます。
画面が見えれば操作する位置・姿勢は自由です。

【操作器】
片手で持って操作します。
持った時の指先に大きな操作部ボタンがあり
表面の操作部を親指で放射6方向にずらし、
側面の操作部を小指で押します。

                 >>詳しい説明
   
親指で水平方向にずらす操作は今までにない方式ですが、連続操作がしやすく、
タッチ数が増えても高速入力が容易です。


         【手引画面】の例                      >>詳しい説明・他画面
   手引画面の欄の配列は、操作器で親指先を「ずらす」6方向に対応し連動して変化します。

********************** 下のスライドショーを動かしながら読むと判り易いです。 **********************
親指をずらして離すと、手引画面の36欄中の6欄(1グループ)が選ばれます。続けて同様に6欄中の1欄を選ぶと、同時にその文字が入力されます。この様な2段階選択を基本として文字入力や画面交替を指示します。

←クリックすると標準的動作を開始します。

                               実際の文字入力の様子(解説+ゆっくり動画)は >>こちらから

選択する文字と操作状態を画面上で逐一確認でき、操作中は画面だけ見て手元の操作器は見ません。
赤枠のグループと赤地背景の欄が、現在選択中のものです。これを目で追うと円滑な操作ができます。
また、リセットや訂正の手段が多数あり、誤操作があっても手戻りの手間・時間がほとんどありません。
製品付属の「操作入門案内」に沿って操作方法をご理解頂ければ、すぐに使い始めることができます。


  2.実際の操作の様子
page top↑ 次項へ↓

基本操作と同じ要領で、ポインタ操作、リモコン機能、表示機能による画面交替などがすべて操作できます。
                                                       >>各操作機能の説明はこちら
実用場面ではこれらの各機能を組合せて、今までにない方式の操作が可能になります。
実際の操作イメージとスピード感をご覧下さい。手元操作の様子+手引画面+入力結果 を並べて映した動画です。


ムービー 文字連続打ち ネット検索 プレゼン
(3.3MB)
>>解説
(5.8MB)
>>解説
(9.8MB)
>>解説
(10.5MB)
>>解説
その他の操作場面
ビデオはこちらから

速すぎて判り難い
入力内容は、
「解説」をご覧下さい。



  3.製品の仕様
page top 販売中のパイロットモデルの仕様です。


製品仕様:機種(EB191H-W)
項  目    仕  様
 対 応 O S  Windows XP、Vista
 対 応 I M E  Ms-IME2002以降に対応    (Ms-IME98,2000についてはお問合せ下さい。)
 付 属 ソ フ ト  操作器ドライバーソフト、手引表示ソフト、
 付 属 デ ー タ  指コードデータ、アプリケーションソフト制御データ、ほか
 操 作 器 方 式  親指・小指の同時独立操作方式、左右対称両手兼用形状    >>詳しい説明
 操作器寸法重量  W50×H124×D31、約70g(ケーブルを除く)
 ケ ー ブ ル 長  約2m


主要機能一覧表(各機種共通)
機能分類 機能・入力文字 概要
リモコン機能 読替入力 機能名が表示された、OS・アプリケーションソフトの個別機能を、文字同様に選択・入力できる。
ポインタ入力 ポインタ操作 縦横十字方向のポインタ移動と釦クリックができる。
ホイール操作 縦スクロールができる。
文字入力 全角/半角
英数字記号
6文字毎のグループと、文字と、の2段階選択で入力できる。
ひらがな
全角/半角カナ
行と段の2段階選択入力。
IME(かな漢字変換ソフト)と連動して入力する。
制御文字入力 カーソル制御
各種制御文字
カーソル、Tabなどの制御キーを連続的に入力でき
複雑動作を高速に実行可能
修飾キー Alt、Ctrl、Windows、Fnキーの押下と同等の機能。
その他 練習機能 操作方法の習熟を容易にする。
                                     >>機能の詳しい説明

動作環境
)楜,鮴楝海垢襯僖愁灰鶺ー錙Υ超を事前に確認して下さい。 
  DOS/V(PC/AT)パソコン
  キーボード:日本語キーボード対応
  Windows XP、Vista
  USBスロット要、  CD/DVDドライブ要
  IME(日本語入力用):右記に対応・・・・・・MsIME2002、2003、2007
  インターネット環境要(説明ドキュメントの表示、データ更新用)

環境条件が合わない場合などに一部項目の入力が不正または使用不能となる場合があります。






≪HOME △操作の方法・原理と製品体系を紹介しています△ (おすすめ用途)次≫