当社オリジナルの、寝ながら読書が楽しめる新方式読書スタンドです。
仰向けに寝た胸に本を置き、鏡を介して見るという画期的方式です。
設置準備が要らず、ベッドなどに限らず、どこでもすぐに使えます。
装置は置くだけ。 軽くて体に乗せても負担をさほど感じません。

    



文中の色替り文字をクリック→ -寝ながら読書のツボ- の解説文へ
   読書スタンド(ミラー式) のご紹介[解説]   

寝ながら読書が
大げさな準備もなく
手軽に

  できる様になりました。


本は置くだけで、ページめくりも視野合せも片手で楽々。体に乗せてもソフトで軽く、大きい雑誌が読みやすい特長があります。


片手に持って片付けられ、使わない時は邪魔になりません。 片手に持って片付けられ、使わない時は邪魔になりません。
 
いつ どこでも すぐに読めて、
 
どんな本も読みすやいから・・・

読書スタンドL型を斜め前から見た写真:このまま胸元に置いて使います。本が1面鏡に映って左右逆に見えています。
  読書スタンド(ミラー式)Lと文庫本
左右反転鏡方式(読書ミラー)なので
一枚鏡の様に文字が裏返らない →

普通の1枚鏡に比べ、直角な2面鏡では左右が逆に見えるので、文字を映して読めます。
普通の一枚鏡         左右反転鏡 
                (左右逆に映る二面鏡)
書スタンドの正面から見ると反転鏡を介して書籍台の全体が見渡せます。
プラスチック表面鏡による明瞭な視野




文中の色替り文字をクリック→ -寝ながら読書のツボ- へ
    便利! どこでも すぐに 何でも読める。 (ほかにない特長)

仰向けで使う読書スタンド  横向きで使う読書スタンド  ソファーで使う読書スタンド
       仰向けで                横向きで                    ソファーで

・読書スタンド(ミラー式)は、場所を選ばず、どこでも使える可搬型です。

 据付けは不用で、ベッドへの取付け方法や強度の心配などの設置固定に関する煩わしさ
 ありません。女性・お年寄りでも手軽に使えます。

・軽くソフトな当たりで、体に乗せても「乗せ心地は良好」です。 柔らかな感触で使っていると
 存在を忘れる
ほどです。

・使わない時に、寝起き看護・診察などの邪魔になりません。



読書スタンドで文庫本を読む  読書スタンドで雑誌を読む  読書スタンドで新聞を読む
              文庫本を              雑誌を              新聞を

大きい雑誌が読みやすい構造です。

 鏡でおよそヨコ30cmタテ25cmの視野を見渡せ、腕を曲げると指先に本があるので、視野に
 合わせて本を持って動かしながら読む事が容易にできます。

 大きい・重い本や、折った新聞などが読みやすく、グラフ雑誌の観賞など新たな快楽の場を
 提供し、分厚い書物をジックリ読める知的環境を実現する・・、など幅広いジャンルの本
 実用的に読めるのが特長です。





文中の色替り文字をクリック→ -寝ながら読書のツボ- へ
    快適! 本を扱いやすく 読みやすい。 (すぐれた使い勝手)

読書スタンドの使用状況図

・従来の据付け型読書スタンドと同様に、本を持たずに寝ながら
 読めます。見やすい方角の手を伸ばした距離(約50cm)に、
 本が原寸で見えます。

・本は書籍台に上向きに開いて置くだけです。
 金具などで本を固定することなく、紙面の一部を遮るガイドなど
 もありません。滑り止めシートが貼り付けてあり書籍台が傾斜
 しても本が滑り落ちません。
 流行りのタブレットパソコンを置く場合も、安定してタッチ操作が
 容易です。

・空中の台に本を固定する方式ではないので本の落下トラブルは
 ありません。大切な本を無理な持ち方や支持具で傷める心配
 なく本にやさしい方式です。
 鏡はプラスチック製なのでガラス破損の危険性がない安全設計
 です。

読書スタンドの使用状況写真
・本を持ち上げずに置いたまま楽にページをめくれます。
 次々にめくる飛ばし読みやページ探しがやりやすく、コミック
 などを読むのに適しています。

・手を曲げて自然に本に触われるので、めくれを防いで押え続け
 ても疲れません。さらに見づらい本の「のど」近くを、強く押え
 付けながら読む事ができるのも、この方式ならではの使い方
 です。
・片手でページがめくれ、据付け型の様に両手   本の「のど」
 を使うための快楽感の中断がなく、寒い夜に
 寝具をはみ出す肩の寒さも緩和されます。

片手でページがめくれ、片手が不自由な場合(点滴・透析など)
 にも使えます。

軽量な読書スタンド 持ちやすい形状で、脇に退ける際も寝たまま簡単に片手で移す
 事ができます。眠る直前に、眠気を醒ますことなく素早く退ける
 動作ができます。

・ベッドサイド(布団の枕元)に置き場所があると一層便利です。
 本を開いて乗せたまま移せ、いつでも気ままに「寝ながら読書」
 を中断・再開できます。

読書スタンドの照明 ・読書スタンド(ミラー式)は、暗い部屋では頭上後方の照明と共に
 ご使用下さい。紙面を効率よく照らし眩しくありません。

読書灯(読書ライト)などが便利です。天井からの直射照明光は
 鏡で遮られます。

ベッドサイドに収納した読書スタンド
 壁に吊り下げた読書スタンド
 ベッドサイド     壁掛け

可搬型一体構造なので使わない時は手軽に片付けられ、邪魔
 になりません。設置のための取付け先やスペースを必要と
 しないので、和室の布団や病院ベッドでの使用にも最適です。
使用場面の具体例を、従来型読書スタンドと比べながら、-寝ながら読書のツボ- で解説しています。




    快い読書を 手軽に楽しめます。 (製品の仕様)






●就寝前に、腕を疲れさせず本を読みたい。

●眠れぬ夜は、活字を読んで眠気を誘いたい。

●好きな趣味雑誌を眺め至福の時を過ごしたい。

●療養生活をテレビばかり見るよりも充実させたい。

●据付型の設置は億劫、手軽に寝ながら読書をしたい。

- - - - - - - - 






☆ 心地よい環境で 心ゆくまで読書をお楽しみ下さい ☆
☆ さらに・・・ 寝ながら読書 が手軽になると自然と読書量が増え、暮らしに変化が生れるのでは・・・。 ☆


読書スタンド/ミラーL(軽量モデル)
軽さを重視したモデルです。体に物を乗せていることを忘れさせ
長時間読書を続けても気になりません。


ふわふわの使い心地の読書スタンド

体形・掛布団の有無・枕の高さなどで変る、「見やすい視野角」に合せて、
任意のスペーサーと共に用います。

柔らかい素材が広い面で体に触れるので、見た目の大きさほど圧迫感を感じません。本体重量は760gで週刊誌3冊分程度。
(試しに寝て乗せてみてはいかが?)

←ふんわりしたスペーサーサンプルが付属。胸元にやさしく心地よくフィットします。掛け布団の上に置いても安定する形です。

スペーサーの素材(厚地の布・小座布団など)や装着方法を変え、視野角、体へのあたり具合をお好みで加減してお使い頂けます。
     基本のしくみ・機能は各種モデル共通。


読書スタンド(ミラー式) 主な仕様
項目 読書スタンド(ミラー式)L [軽量モデル]
外形サイズ 幅30×奥行28×高さ30cm
(使用時、スペーサー含まず)
重量 約760g
標準視野サイズ A4横
標準視認距離 約50cm
構成 1.左右反転鏡(リバーサルミラー):
      エンビ製枠+安全なプラスチック製表面鏡
2.書籍台:軽量な合板製+滑り止めシート付
配色 反転鏡:ホワイト、書籍台:木目調
付属品 スペーサーサンプル
                                  (日本製)









【補足説明】
1.本の置き方について:
  本を置く向きは、仰向け姿勢では読書スタンド正面から見た手前が天・奥が地となります。
  体の脇などでは読書スタンドの設置方位によって異なります。
2.安全な使用について:
  仰向け姿勢で使う場合、読書スタンド本体が顔に倒れ込まない事に注意して下さい。特に体に乗せたままで
  眠ると無意識の手の動作で左記の様な事が起こりがちです。眠る前には読書スタンドを体から下ろして下さい。
3.鏡面性能について:
  本読書スタンドに用いているプラスチック製表面鏡は二重反射がなくゴーストのない明瞭な像が見られます。
  二面鏡のつなぎ目が見えますが文字判読にはほとんど支障ありません。鏡面歪みによりつなぎ目に左右像の
  不連続を生じた場合に補正する調整機構を内蔵しています。
4.使用感について:
  読書スタンドの使用感の説明は一般例を表現したもので、状況や個人差により異なる場合があります。
5.設置要領、各部調整具合、取扱い方により使い勝手が変わります。お好みに合わせた使い方を工夫して読書
  スタンドをご活用下さい。
6.製品外観について:
  本読書スタンドは改良などにより、製品の外形・色等が掲載した写真と異なる場合があります。
  上記仕様表でご確認下さい。

【読書スタンド(ミラー式)という呼称について】
本製品は類似例のない新概念の製品で一般的名称がありません。当初、別の独自名称を与えましたが、製品を知りながら名まで覚えず思い出せない方が戸惑うと伺いました。一方、寝ながら読書を目的とする「読書スタンド」がよく知られていますので、「基板上に立ち上がり固定された鏡(ミラー)を持つ読書用装置」という意味から、本製品を「読書スタンド(ミラー式)」と呼ぶ事に改めました。これにより、使用目的を持ったお客様に情報を探して頂きやすくなると存じます。なお、「読書台」「読書器」「書見台」「書見器」「ブックスタンド」といったキーワードでお探しの際もご注目下さい。



    


お買い求めは各ネットショップでお願いいたします。